母の日 プレゼント マッサージはいかがですか?

こうちゃん
1年に1回の贈り物、母の日のプレゼント。毎日のありがとうの気持ちを込めて、感謝の気持ちを両手にのせて、お母さんにマッサージのプレゼントはいかがですか?

口で伝えるのは恥ずかしくてなかなか言えないあなたに、あなたの思いを手にのせて伝えてみませんか。

お花やお食事など形のあるプレゼントも喜ばれると聞きます。今年はちょっと変わった、心のプレゼント、マッサージのプレゼントはいかがですか?

 

マッサージでお母さんに安らぎを

 

母の日のプレゼント人気ランキング・ベスト5

母の日のプレゼント人気ランキングをご紹介いたします。

1.お花

2.お食事

3.お手紙

4.旅行

5.財布

母の日プレゼントランキング2019

 

お花のギフトはダントツで人気がありますが、実は、いつもと違ったちょっと変わったプレゼントも今、ひそかに注目されているんです。物の贈り物も喜ばれますが、手作り感あふれる、あなただけの贈り物、心を伝える贈り物も、「ありがとう」の気持ちが伝わるみたいで喜ばれているんですよ。

心を使って、おもてなしをする、心を使う、有形のプレゼントから無形のプレゼントへと少しずつ時代が移行しているように思えます。

 

母の日の由来とは

母の日は、家族のために毎日がんばっているお母さんに対して、ねぎらいと感謝の気持ちを表に出して表現する日です。母の日はアメリカから伝わってきました。

1905年、アメリカのフィラデルフィアに住むアンナという少女が母の死に遭遇したことがきっかけで、死んでから感謝の気持ちを伝えても遅い、気持ちを伝えるなら生きているときが一番だ、まだお母さんが生きている時にお母さんを敬う機会をつくろう、これが母の日の由来だそうです。

 

母の日にマッサージプレゼント!

「お母さん、いつもありがとう」の気持ちをこめて、マッサージをして差し上げませんか?または、お母さんにマッサージの仕方を教えて、お母さんが疲れたときにいつでも自分で体のケアをできるように教えてあげる、こんな方法もありますよ。

お母さんがどんな時に体が疲れやすいのか、痛みがひどくなるのか、さりげなく聞いてみてください。その時、痛い場所をそっと触ってあげるだけでも喜ばれますよ。

これからマッサージをやったことがないあなたでもできるマッサージの方法をお伝えしますね。

お母さんが腰が痛いといったら、次のようにマッサージしてあげてください。
お母さんが肩が痛いといったら、次のようにマッサージしてあげてくださいね。

 

腰痛のマッサージは、肋骨下の筋肉をほぐしてあげることが重要なポイント

腰痛のマッサージは、気持ちいいポイントが3つあります。

1.肋骨下の筋肉

2.腰骨周りの筋肉

3.背骨の溝

 

腰痛用の動画

肋骨下の筋肉のほぐし方

肋骨下の筋肉をほぐすときに注意することがあります。それは、肋骨の上を押さないことです。肋骨は弱く、折れやすいので、力加減、力の方向、手の置き方に厳重に気を配らなければなりません。肋骨付近をマッサージするときは注意してくださいね。

 

肋骨の周りのマッサージのやり方

指を置く位置は、肋骨の下の筋肉。力の方向は肩の方向。

例)僕のやり方

両手の親指を重ねます。肋骨下の筋肉に対して斜めに親指の腹を当てます。そして、腕方向に向かって、力をかけていきます。力をかけたまま(親指の腹に体重を乗せていきます)10秒くらい持続させます。これらを繰り返していきます。

例)指を使わないやり方

手順は上記と同じです。両手を重ねて手のひらの付け根を肋骨の下の筋肉に当てて力を加えていきます。

親指を使うところが手のひらの根元に変わっただけです。

 

腰骨周りの筋肉のほぐし方のポイント

 

腰骨周りの場所とは?

腰骨周りをマッサージする場所とは、写真の女性が手を押えている場所です。

腰骨周りのマッサージの力の方向とは?

おしりの方向

腰骨周りのマッサージのやり方とは?

例)僕のやり方

両手の親指を重ねます。腰骨に沿った筋肉に対して斜めに親指の腹を当てます。おしり方向にグィッと押し込むように体重を手(親指の腹)にかけていきます。力をかけたまま10秒くらい持続させます。これらを繰り返していきます。

※親指を手の付け根に変更してもOKです。

 

背骨の溝のマッサージのやり方とは?

背骨の溝のマッサージのやり方は、親指を重ねて、背骨の溝に親指を入れます。指が溝に入ったら、力を加えていきます。力の方向は真下(垂直)、少し押し気味(背骨の方向)、自分が立っている方向などいろんな方向に力を加えてみてください。気持ちいいという場所があります。そこをみつけてあげましょう。これも上記と同じように、10秒くらいの持続圧で行っていきます。

 

肩こり用の動画

 

肩こりマッサージは、肩甲骨と背骨の間の筋肉を押すことが重要なポイント

 

肩もみマッサージではずせないポイントは、肩甲骨と背骨の間にある筋肉を押すことです。

 

なぜ、肩甲骨と背骨の間の筋肉を押すことが重要なの?

それは、心臓に近いからです。心臓付近の筋肉をほぐすことは、精神の落ち着き、リラックス効果が期待できるんです。

心からの健康と体からの健康、1つで2度役に立つマッサージが肩こりのマッサージです。

肩甲骨と背骨の間の筋肉をゆるめてあげるということは、相手の心のしこりをほぐしてあげることにもつながっていきます。

 

手のポジション(手を置く場所)

親指を肩甲骨と背骨の間の筋肉に押し当てます。
親指以外の4本の指は、写真みたいに鎖骨側の筋肉に置きます。

 

マッサージは心と心をつなぐコミュニケーション

日頃お話できない話だからこそ、なかなか話せない気持ちをマッサージをやりながら、マッサージをかりて、お母さんに伝えませんか?きっと喜ばれると思います。マッサージは手を通して、真心が伝わります。

なかなか言えない気持ちを、

マッサージであなたの気持ちを手にこめて、お母さんに感謝の気持ちを伝えてみませんか?

お花もよいけど、今年はお花に代わって、ちょっと変わった母の日のプレゼントに、マッサージのプレゼントはいかがですか?

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 吉本幸司と申します。 痛いときにすぐに対処して頂きたいな、 苦しい時間を1秒でも減らす お手伝いができたらいいなと思い、 自宅でできる、 自分1人でもできる、 セルフマッサージのやり方をご紹介しています。 あなた様のお役に立てれたらいいな 心からお祈りしております。 この度は、星の数ほどあるウェブサイトの中から 僕のページを見つけて頂き、ありがとうございます。