首が痛い時のマッサージの方法

こんにちは。

吉本幸司です。

▶︎首こりのマッサージについて

最近、首がこった、首の痛みがひどくなった、
首のトラブルを感じる方が増えてきています。

 

現在、首の違和感を感じていませんか?

 

首こりの原因になる最近の傾向は、
スマホです。

スマホを操作するために、
下を向き続ける姿勢、
ココに大きな原因があります。

しかし、

スマホを使うのを止めてください、
といっても、ほぼすべての人は
できないと思います。

 

そこで、首の痛みがひどくなる前に、予防です。
自分でできるセルフマッサージを行うことを
提案いたします。

 

 

▶︎首こりのマッサージは体のこういう症状に効果的です

 

・頭痛を和らげるのに効果的

・うつ症状の改善に

・不眠の解消に役立ちます

 

 

▶︎他にもこういう効果もありそうですよ。

 

・精神的リラックス効果

・一極集中、集中力アップ効果

・お顔のシワの予防効果

 

 

▶︎具体的なマッサージのやり方(動画)

 

【首】

1.マッサージする場所(首と頭の付け根)

http://tiffy-9.com/631.jpg

 

この写真の赤色で囲ってある部分が
マッサージする場所です。

 

2.マッサージの仕方

僕は親指を使って行っていますが、
人差し指、中指、薬指の三本をくっつけて、

赤色で囲んでいる箇所を上方向に向かって、
押し上げるイメージでマッサージします。

 

この部分は、繊細な神経や血管が
走っている場所なので、頻繁にするのは控えてください。

どうしてもという時に、取って置いてくださいね。

また、力加減も弱めに行います。

強い圧力は気持ちいいのですが、
あとで、ムカつきとか出ることがあります。

 

【鎖骨】

1.マッサージする場所(鎖骨)

https://image.rakuten.co.jp/kaitekiiyashisozokan/cabinet/qb/c4_img04.jpg

 

この写真のピンク色の矢印の部分が
マッサージする場所です。

 

2.マッサージの仕方

人差し指、中指、薬指の三本をくっつけて、
ピンク色の部分をさする、これだけです。

応用編として、三本の指のどれかに
筋肉を触れる指があります。

コリコリかたい部分ふ触れたときは、
そこを押してみる、揺らしてみる、
いろいろ試しながら行ってみてください。

腕の付け根まで行うと、
かなり楽になります。

(腕の付け根もかたくなっているので、
そこをほぐすことにも挑戦してみましょう♪)

 

 

「動画」を見てくださいね。

 

▶︎首こりマッサージをするときの3つのポイント

 

1つめ:鎖骨を外さない

2つめ:脇までしっかりほぐす

3つめ:首と頭の付け根付近のマッサージの
    力の方向は、上方向に行う

 

▶︎こういう時は首のマッサージを避けましょう。

 

頭痛が激しい時は避けてください。

 

▶︎首こりマッサージのまとめ

首のこり、首の痛みが強くなると、
気分も落ち込みやすくなります。

うつ症状などで悩んでいたら、
首のこりをほぐすことからはじめてみて下さい。

 

——————————

首は、心の状態に大きく影響します。

 

整体で首、頚椎の矯正をやってもらってもいいのですか?

 

カイロプラクティックやボキボキと骨をならす整体に行くと、
首の矯正(頚椎の矯正)を行う時があります。

首の矯正、頚椎の矯正は
僕はオススメしません。

 

なぜなら、


事故が多いからです。

首の矯正は熟練した先生でもちょっとした力加減、
矯正の方向の間違いで、事故が起こります。

 

 

首の矯正は、危険がいっぱいです。
今後の人生に波乱を及ぼす可能性が高い施術法です。

 


安全な施術法とは言えません。

 

 

首の矯正をやってもらったばかりに、
下半身麻痺、腰から下が動かなくなった
お客様を知っています。

 

整体、カイロプラクティックの首の矯正は
危険がありすぎるので、止めることを提案いたします。

 

あなたの体の症状に合わせてLINEで体のケアのやり方をご提案しております。

↓↓↓

LINEまっさーじ相談室
https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/19227

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 吉本幸司と申します。 痛いときにすぐに対処して頂きたいな、 苦しい時間を1秒でも減らす お手伝いができたらいいなと思い、 自宅でできる、 自分1人でもできる、 セルフマッサージのやり方をご紹介しています。 あなた様のお役に立てれたらいいな 心からお祈りしております。 この度は、星の数ほどあるウェブサイトの中から 僕のページを見つけて頂き、ありがとうございます。