肩こりのマッサージを、整体師の僕がわかりやすく解説致します

こんにちは
吉本幸司です。

 

肩こりのマッサージのやり方

 

私が推奨する肩こりのマッサージは、

「腕」「脇」を使って行います。

 

なぜ、脇と腕なの?

 

脇には、肩を動かす筋肉の束があるんです。

そして、腕には肩を動かすための筋肉が着いている場所があります。

これら2つの場所をゆるめてあげることで、肩こりが楽になっていきます。

 

 

動画

こうちゃん

肩こり改善のマッサージの方法はこちらの動画をご覧ください。

動画再生時間:3:31

脇マッサージで、頭痛やめまいにも効果が・・・

 

脇のマッサージを行うことで、
肩こりや首のこりはもちろんのこと、
頭痛がとれたり目のかすみが良くなることがあります。

首のコリがほぐれることで、
頭の方の筋肉が緩んでくるので、
頭痛が取れていきます。

目のかすみも首のコリが
ほぐれることで頭の筋肉が緩んでくる、

その結果めまいや
目のかすみが改善される可能性があります。


逆に、目のかすみや目眩が続くときは、
病院で検査をしてもらってくださいね。

 

重要なポイント

 

肩こりのマッサージではずせないポイントは、

 

手首です。

 

手首がかたく、そして、疲れていると、
肩にも影響してきます。

 

手首の腱鞘炎は、肩こりの元凶です。

 

手首は思っている以上にかたくなっているので、
入念にほぐしてあげてくださいね。

下記の動画で、具体的な方法をお伝えしています。ご覧になってくださいね^^

 

肩こり改善の動画をご覧ください

こうちゃん

自分でできる「肩こり」のほぐし方をご紹介いたしますね。

それでは、早速、下記の動画をご覧ください。

動画再生時間:3:32

 

この動画を見ると、

「えっ?何これ?肩もみじゃないよ」
「肩こりのほぐし方教えてよ~」

 

って思ってしまうかもしれません。

 

そうですね。

 

もしかすると、
なぜ、そこをやるの?
疑問に思ったかもしれません。

 

実は、“脇もみ”

 

これこそが、
自分ケアの肩こりのほぐし方なんですよ。

肩こりというと、
肩にある筋肉が凝っている、

肩の動きが悪くてなって、
コリがひどくなっていると思われています。

しかし、

肩こりは肩部分にある筋肉ではなく、
肩以外のところに、原因があるのです。

 

その原因がある場所ってどこなの?

 

それは、肩甲骨。

 

肩甲骨の周りがかたくなって、
動かなくなって、

ガチガチの肩こりになっていきます。

だから、

肩こりを良くしたいと持ったら、脇もみ。

 

脇もみは肩甲骨の動きを良くしていきます。

 

肩甲骨が喜ぶことによって、
肩こりは解消されていきます。

 

肩こりの救世主は肩甲骨。

 

覚えておいてね。

それでは、脇もみのやり方をご
説明していきますね。

——————————

突っ込んで、引き上げて、引っ張る。

——————————

これだけです。

1.脇に手を突っ込みます。

2.人差し指、中指、薬指の3本を使って、
  脇の下のコリコリとしたかたい筋肉をつかみます。

3.親指は、腕の付け根に固定しておきます。

4.3本指でつかんだ筋肉を真上に引き上げる。

5.引き上げた筋肉を引っ張る

6.(応用編)5の状態で肩を回す

 

どうですか?脇もみ。

 

脇もみはこんな効果も期待できます

 

脇もみは肩こりの改善だけではなく、
腰の痛み、つまり腰痛、

肩甲骨脇の突っ張り、痛み、
背中の痛み、足首の痛み、手首の痛み、
首の痛み、頭痛など、

体全身の傷み改善にも役立てることができるんですよ。

“痛みがあって、しんどい”“つらい”
と感じたら、いつでも、どこでも、
すぐにできるので、試してみてくださいね。

 

文章だとわかりにくいと思うので、
動画を見てやってみてくださいね。

 

肩こりと腕の筋肉は密接な関係?

肩こりと腕の筋肉は密接
に連動しているので、

腕のマッサージをすることで、
肩こりもよくなってくるんです。

下記のリンクをクリックして、
関連記事をぜひ、読んでみてくださいね^^

腕のマッサージ

 

鉄板のような肩こりを効果的にほぐす方法

 

リラクゼーションマッサージをやってもらったときや、
整骨院に行って、

「かたすぎて、指が入らない。マッサージできない。
かたすぎて、指が痛い。こんなにかたいの初めて」

と言われたことのあるあなた様へ。

鉄板のようにかたいと言われたことありませんか?

 

 

肩こりといっても、いろんなコリ方があります。

ゴリゴリかたい肩こりの方、
鉄板が入っているような棒状の肩こりの方、
すぐに筋肉がゆるむ肩こりの方、
触られるとくすぐったくなる、皮ふ敏感な肩こりの方、
自分では肩こりがあると思っていない、痛みの自覚症状がない肩こりの方など。

 

女性の肩こりは鉄板型の肩こりが多いです。

 

鉄板が入っているような肩こりがある方は、
皆さんが知っている、いわゆる肩の筋肉をほぐしても
肩こりは解消されていきません。

 

では、どこをほぐせばいいの?

 


それは、肩甲骨の脇の溝。

 

ココからほぐしていきます。

 

肩甲骨の動きをせき止めている筋肉をまずゆるめて、
肩甲骨を動きやすくする、そして、次に手首周りの筋肉。
手首周りの筋肉をほぐし、ゆるめていきます。

 

最後に、肘から手首までの筋肉です。
前腕と言われている筋肉ですね。

 

まとめ

脇の下、手首、腕の順番でゆるめていくと、徐々に、いわゆる肩の鉄板が入っているような肩こりが改善されていきます。

鉄板が入っているような肩こりで悩んでいましたら、この順番でほぐしてみてくださいね。

1.脇の下
2.手首
3.肘から手首までの間の筋肉(腕)


ぜひ、肩こりから解放されて、笑顔を取り戻していきましょう。

 

▼ 体の辛い痛みがなかなか取れない方は、こちらのメール相談をご利用ください。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 吉本幸司と申します。 痛いときにすぐに対処して頂きたいな、 苦しい時間を1秒でも減らす お手伝いができたらいいなと思い、 自宅でできる、 自分1人でもできる、 セルフマッサージのやり方をご紹介しています。 あなた様のお役に立てれたらいいな 心からお祈りしております。 この度は、星の数ほどあるウェブサイトの中から 僕のページを見つけて頂き、ありがとうございます。