肩こりの場所に応じた肩こりのマッサージの仕方と肩こりのメカニズム

こうちゃん
日常的に肩こりがあると肩こりの痛みを感じにくくなります。肩こりがひどい時のマッサージの仕方をご紹介していきたいと思います。

そもそも肩こりとは?

肩こりになるメカニズムとは?

肩こりを感じる筋肉は僧帽筋と言われています。

僧帽筋とは?

僧帽筋は下記のイラストの色がついている部分になります。

肩こりは、筋肉の動きが悪くなって、筋肉が固くなって起こっているものと思われがちですが、本当のところは違うみたいです。

肩こりに限らず、首こり、おしりのこりなど、固くなって表に出てくるものは、腎臓の働きが鈍くなって、出てきたものです。腎臓が日々休まず行っている、体の中の不要物を外に出す働き、老廃物の除去が鈍ってきて、体内に入ってくるゴミの量に比べて体の外に出るゴミの量が少なくなって、十分な量のゴミを外に出しきれず、そのまま体の中に溜まってしまったものが、いわゆる、「こり」です。

 

塊の「こり」が肩につくと肩こり。おしりにつくと、尻こり、首につくと首こり。

 

こりのメカニズムは、腎臓の働きが悪くなって、老廃物の除去が間に合わなくなってきたことが一番の原因です。

肩こりの改善方法

肩こりに限らず、一時しのぎではなく、「こり」を本気で改善しようと思ったら、腎臓の働きを取り戻すことが重要です。腎臓の働きを取り戻すとは、いわゆる冷え性の解消です。冷え性改善に取り組むことで腎臓の力は上がってきます。

本気で肩こりの改善に取り組みたいと思っている方は、冷え性の改善から取り組んでみてくださいね。

ここでは、根本改善ではない、一時しのぎの肩こりのマッサージの仕方について書いていきたいと思います。

肩こりの場所を特定する

一般的に肩こりは、僧帽筋という筋肉に痛みや固さがある場合のことを言っています。

最近では肩甲骨はがしというフレーズが行き渡ってきて、肩甲骨付近に感じる痛みや固い塊を肩こりと表現されることもあります。肩甲骨付近なのか、いわゆるあなた様が思っている肩(肩から腕に向かって膨らんでいる場所)なのか、首なのか、このように肩こりと一言で言っても、非常に幅が広いです。

だから、まずは、どこに痛みを感じているのか、どこに固い塊があるのかを特定することが大事です。

ちなみに肩甲骨付近は、後に出てきますが、背中側の場所になります。

僧帽筋の位置を見ていただくと分かるのですが、肩こりを感じる場所って、とても幅広いんですね。幅広いので、まずは、どの位置で肩こりを感じているのか、痛みを感じているのか特定することが重要です。位置を特定しない限り、肩こりの改善は見込めません。

肩こりの改善を目指したいと思っていたら、まずは、肩こりをどこで感じているのか、どの場所に痛みがあるのかを特定してくださいね。細かい場所ではなく、大ざっぱに、1.背中側なのか、2.胸側なのか、3.首側なのか、4.腕側なのか、5.鎖骨の上側なのか、5つの中から選んでいただくと大枠は良いと思います。

肩こりの場所を特定したら、次にその場所にあったマッサージをやっていきます。

痛みのある場所に応じた肩こりのマッサージの仕方

背中側

背中側に痛みが出てきた時は、中々一人でマッサージできないと思ってしまいますね。痛みがつらくて、どうしよう?と思ってしまいます。僕にも経験があるので背中の痛みのつらさはよくわかります。僕は古典的な痛みのとり方で、痛みを感じにくいようにと分散?させていました。

 

こうちゃん
その古典的は背中の痛みのとり方とは・・・家の大黒柱で、体を上に下にと上下させて、背中をこすりつけて、痛みをとるというやり方です。一時的に取れて、すごく気持ちはらくになっていきました。痛みって、完全にはとれなくても、少し、和らぐだけで、精神的に非常に落ち着くんですね。痛みの改善には精神的に落ち着く、これも重要なポイントみたいです。

 

あっ、こんな僕のお話はどうでもいいですね。話を戻し、進めます。

背中側のこりや、痛みは手が届かないので、直接的にはマッサージできません。しかし、間接的にほぐせる場所、痛みが和らいでいく場所を見つけましたので、ご紹介いたしますね。

その場所とは、肘から手の指までをほぐしていくことです。背中の痛みって、この場所をやわらかくしていくことで痛みが緩和していきます。背中側の肩こり、背中側に痛みを感じたらやってみてくださいね。

 

背中の痛みをとるマッサージ動画をご紹介いたします。

胸側

胸側の肩こりは、鎖骨の下と腕の付け根をゆっくりやさしくほぐしていきます。特に鎖骨下をやわらかくすることで、痛みは緩和していきます。胸側の痛みを感じたらやってみてくださいね。

 

胸側の肩こりのマッサージ動画をご紹介いたします。

動画撮影します。

首側

首側の肩こりは、こりがひどくなると頭痛にまで発展していきます。頭痛になる前に対処することが大事です。肩こりがひどくなる前にマッサージして、肩こりマッサージで、頭痛対策することもできますよ。

首側のマッサージのポイントは、鎖骨下と頭と首の付け根です。この場所をゆっくりマッサージしていくことで、痛みは緩和していきます。

 

首側の肩こりのマッサージ動画をご紹介いたします。

腕側

腕側の肩こりは、これまで3つの肩こりとは少し、意味合いが変わってきます。ここの痛みは四十肩や五十肩に移行しやすい痛みです。早めの処置、対策をすることが大事になります。

 

腕側の肩こりのマッサージ動画をご紹介いたします。

動画撮影します。

鎖骨の上側

鎖骨の上側の肩こりは首のこりや首の痛みに関連しています。また、今、パソコンやスマホなど前かがみになる姿勢が多くなり、鎖骨周りの筋肉が小さく縮こまっています。猫背と言うと、姿勢が悪いから、一言で済まされますが、実は、鎖骨周りの筋肉が萎縮して姿勢を悪くしているんですね。

猫背を直したい、姿勢を良くしたいと思っていたら、鎖骨周りの筋肉をほぐすことから始めてみて下さい。姿勢も良くなり、猫背も改善され、肩こりもなくなる、一石三鳥ですね。

 

鎖骨側の肩こりのマッサージ動画をご紹介いたします。

動画撮影します。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 吉本幸司と申します。 痛いときにすぐに対処して頂きたいな、 苦しい時間を1秒でも減らす お手伝いができたらいいなと思い、 自宅でできる、 自分1人でもできる、 セルフマッサージのやり方をご紹介しています。 あなた様のお役に立てれたらいいな 心からお祈りしております。 この度は、星の数ほどあるウェブサイトの中から 僕のページを見つけて頂き、ありがとうございます。